文章の型

読者を購入に導く「QUESTの法則」を学ぶ

quest

「売れるセールスコピーの型」として有名なQUESTの法則を紹介する。

メルマガへの登録を促すページ(ランディングページ)や商品の紹介を販売する記事を書こうと思ったときに、どのように書いたらいいかわからないという場合は、このQUESTの法則に当てはめて文章のアウトラインを作成すれば、大きな失敗をすることなく書くことができる。

 

QUESTの法則の提唱者は世界的に有名なダイレクトレスポンスコピーライターのマイケル・フォーティン氏。

2005年に自身のブログ記事「Want Better Copy? Go On A Quest!」の中でAIDAの公式を補完するものとして紹介された。

QUESTの法則の主な用途としては、自分の抱えている問題や欲求がある程度はっきりしていて、その問題の解決策を探している人を対象としたセールスレターやランディングページ

自分が抱えている問題について自分で情報を探すことができるインターネットとは相性がいい構成になっているため、アフィリエイターとしてはぜひとも押さえておきたい文章の型だ。

QUESTの法則とは?

QUESTの法則は次の5つの要素に焦点を当てて文章を構成していく。

1.Qualify(絞り込む)
2.Understand(共感する)
3.Educate(啓発する)
4.Stimulate(刺激させる)
5.Transition(変化させる)

この流れで文章を書くことによって消費者心理の流れに沿ったセールスコピーを書くことができる。

「QUEST」の意味は次の通り

 

Qualify-読者を絞り込む

読者に「今から提示される解決策(=紹介する商品)やサービスは自分のためのものなんだ」と認識させ、興味を植え付ける。
また、冷やかし客や質問だけして購入しない人、時間の無駄になりそうな人を排除する役目もある。

言い換えると、読むべき人を絞り込んで、読むべき人に読んでもらうということ。

読者を絞り込む方法として、どんな問題なのか、この解決策はどんな人に役に立つのか、またどんな人には役に立たないのかを箇条書きにするとわかりやすい。

もしくは、ストーリーに組み込むという方法もある。

「Qualify」の目的は、問題を自覚している人に読む資格を与えるだけではなく、さらに大事なことは、まだ自分が問題を抱えていることを知らなかったり、自分のことだと認識していない読者に「あ、解決しないとまずいじゃん」と自覚させること。

これは自分のための情報なんだと強く意識させることで、興味を持たせることができる。

Understand-理解する

読者を絞り込んだ後、読者が抱えている問題について、あなたがどれだけ理解しているかを表現する。

そのために「Understand」でまずやることは問題をさらに深掘りし読者の痛みを心の中でより現実的で鮮明にすることによって問題を拡大する。

言ってしまえば、「傷口に塩を塗る」ということ。

「悪いことするなぁ」って思うかもしれないけど、読者はここでしっかり問題を現実として捉えて対策を取らない限り、悪化してさらに苦痛を感じることはあっても、解決することはない。

傷口に塩を塗るだけ塗っといて、「解決策なんてないよ」ってなったら、本当に悪い人。

だけど、読者がまだ気づいていない痛みを気づかせてあげたり、解決策をしっかりと提示できるのであればそうはならない。

問題解決に向けて前進するきっかけを与えられるわけだから、将来的には感謝されるハズ。

 

問題を深掘りして、読者が抱える問題から生じる痛みや苦しみを共有し、それに対する解決策はないか、他の解決策があっても、何かしらの理由でそれほど良くないために問題が解決しないことを伝える。

「Understand」を通じてあなたが紹介する商品に対する好奇心をくすぐり、他の解決策にはないメリットを挿入することもできる。

ただし、具体的な商品紹介をするのはこのパートではない。

あとから出てくる「Stimulate」で提示するものとは別のメリットや商品の背後にあるストーリーなどを書く。
例えば、あなたがその商品で問題を解決した等の事実に基づくストーリーとか。

「私も同じ悩みを抱えていました。」となれば、共感はさらに深まり読み続ける理由を読者に伝える絶好の機会になる。

Educate-啓発する

「Qualify」で提起し、「Understand」で深掘りしてきた読者が抱える問題について、解決策があるということを読者に伝える。

その「解決策」というのは、あなたが紹介したい商品やサービスのことだ。

ここで商品やサービスの紹介はするが、オファーではない。

 

「Understand」で構築した信頼関係を更に強調するために、

  • 商品が見込み客にとって他より優れている点
  • 信憑性を高めるための証拠となるデータ
  • 思い込みや誤解をなくすために商品やサービスの特徴
  • 買わない理由をつぶすためにお客様の声や権威者による推薦文

などを紹介する。

Stimulate-刺激する

「Stimulate」ではついにあなたの商品やサービスをオファーして読者を刺激する。

このパートが販売に関する大部分が行われる場所なので、「QUEST」の「S」は「S=Sell(販売)」の「S」とも言える。

 

オファーが行われ、価値の備蓄が始まる場所。

商品やサービスのメリットを箇条書きにして展開していく。

 

「Educate」で説明した商品の機能や特徴をベネフィットに変換し更に強調することで、商品やサービスを手に入れたことで得られる世界を想像させる。

そして、欲求を煽って興奮させることで買わずにはいられない状態を作り出していく。

そのために行うことは、

  • 特典・保証を付ける
  • 希少性をアピールして価値を高める
  • 買った場合と買わなかった場合を比較する
  • 「Qualifi」で触れた問題に再び触れ、この解決策がどれほど効果的か説明する

 

「買った場合と買わなかった場合の比較」とは、オファーの価値を類似または競合する商品の価値と比較するのではなく、潜在的な利益、金銭的な損失、商品を使用しないことによる最終的な費用の見逃しなど、考えられるすべての選択肢の価値との比較のこと。

このパートを利用して、オファーを今まで触れてきた内容とリンクさせる。

つまり、「Qualify」で触れた読者が抱える問題、あなたが紹介する商品やサービスが「Understand」で深掘りした大きな問題にどのように回答するか、「Educate」で説明した商品やサービスの機能や利点がどのようにベネフィットにつながるのかを説明する。

Transition-変化させる

読者を見込み客から顧客へと変化させる。

このパートの役割は、注文フォームから商品を申し込んでもらうことと、そのための最後の一押しをすること。

 

アフィリエイトであれば、このパートにアフィリエイトリンクを用意する。

自分の作った商品やサービスを販売する場合は、申込ページへのリンクを設置する。

 

商品の価格や割引があるのであれば定価と割引後の金額とを比較してお得感をアピールし、追伸や追加の推薦文(特に結果に基づく証言)を紹介し、読者が既に商品を所有しているように感じさせることで成約率がアップする。

 

最後の一押しとして、今まで提示してきたオファーの要約、安心して購入するための保証、ここまで紹介していない特典を追加し、購入しない理由を徹底的につぶす。

まとめ

このQUESTの法則に当てはめて文章のアウトラインを作成すれば、大きな失敗をすることなく商品をオファーできる。

1.Qualify(絞り込む)
2.Understand(共感する)
3.Educate(啓発する)
4.Stimulate(刺激させる)
5.Transition(変化させる)

しかし、QUESTの法則に限らず文章の型というのは、文章を書くためのガイドであり、文章を書くための目標やルールではない。

絶対この通りに書かなきゃ!と思ってしまうと書くことが難しくなってしまうので、読者が、あなたが伝えたいことや、オファーや商品について正しく理解できるかどうかを優先的に考えるようにしてほしい。

ABOUT ME
なべやん
30代も半ばにして、勤めていた専門学校の校長と大ゲンカした上に退職。 そして、無職。 再就職しようにも年齢的に難しく、 派遣の仕事でなんとかやり過ごすのが限界。。。 金銭的な不安、将来的な不安に押しつぶされそうな日々を過ごしていました。 マジで金がなさ過ぎて、食事は1斤80円(特売)の食パン。 飛んでいるカラスをみながら「あれ、食えるんじゃねぇか?」と本気で考えたりもしました。 (実際に食べる地域もあるみたいですね) こんな日々はもう限界。 なんとか人生を好転させる方法はないか。 あれやこれやと模索していく中で、 私は人生を好転させるためのスキルに出会うことができました。
『売れる記事』を書くためには?101個の秘密を学ぶ方法

「私、読書嫌いだわ~」という方にも、ぜひ頑張って一度は読んでいただきたい本を紹介します。

現代社会は「日進月歩」というよりも、「秒進分歩」と言えるようなスピードで変化していて、少し前の手法なんて役に立たないんじゃないか?と思えることも多くあります。

しかし、時代は変わっても、長い進化の歴史の中で遺伝子に刻み込まれてきた人間の根底にあるともいうべき「心理」の部分は、実はあまり変化がありません。

だから、古典的な方法が実は役に立つという事があります。

そして、それが科学的に証明されていて、実践者も多いというのであれば、一度は勉強しておいても損はありません。

 

今回紹介する書籍は、「現代広告の心理技術101」です。

この業界では有名な書籍なので、書籍名ぐらいは目にしたことがあるかもしれませんが、
「上手に物を売りたいな」と思ったら、役に立つ本です。

101個の手法が紹介されていますので、「あっ!これなら自分にもできるかも!!」というものが見つかると思います。

と、いうことで、トップアフィリエイター御用達の「現代広告の心理技術101」という書籍を紹介していきます。

【返金保証】「上手に物を売りたい」と思ったら読む本|現代広告の心理技術101

現代広告の心理技術101はどんな内容?

この本の内容をまとめると、

「実は、”売れる”広告とか記事というのは、魔法みたいなタネも仕掛けもないようなものではなくて、トリックを仕掛けてある手品みたいなものだから、練習すれば誰にでもできるんだよ。その方法を教えるね。」

って感じです。

人を購入へと導くための「タネや仕掛け」についての話は、「影響力の武器」という有名な書籍がありますが、現代広告の心理技術101の肝は「その方法を教えるね」というところです。

要は、理屈よりも実践向きの内容ってことです。

現代広告の心理技術101には、人の心理を利用して物を買わせるテクニックと具体的な事例が101個書かれていています(タイトル通りですね)。

そして、それはトップアフィリエイターや広告を仕掛ける人によって昔から意図的に使われています。

 

それならば、あなたも使わない手はないですよね?

【返金保証】「上手に物を売りたい」と思ったら読む本|現代広告の心理技術101

現代広告の心理技術101を読むと、〇〇するのが楽になる!

人を購入に導くために、どんな言葉を使って文章を書けばいいのか事例付きで学ぶことができれば、それを参考にすることで商品を紹介するための文章を書くのも楽になります

なので、現代広告の心理技術101は一人でも多くの読者に広告リンクをクリックしてもらいたいなら、読んでおいて損はありません。

他の記事で紹介しているPASONAの法則などの「文章の型」も、この本に書かれている知識があれば、より使いやすくなります。

例えば、

  • 恐怖を利用するにはどうすればいいか
  • 数量や期間を限定して、今すぐ行動してもらうためにはどうしたらいいか
  • ほかにはないオリジナル性をアピールするにはどうしたらいいか  等

実例がないとイマイチわからない表現の仕方も辞書のようにパラパラとめくりながら参考にすることができます。

【返金保証】「上手に物を売りたい」と思ったら読む本|現代広告の心理技術101

現代広告の心理技術101は難しい??読み方のコツを紹介します

実際に販売や営業の仕事をしていると、「言葉一つで売り上げが変わる」っていうのはよく聞く話です。

しかし、実際に「どこをどう変えればいいか」というのがなかなか教えてもらう機会がありませんが、この本にその秘訣が書いてあります

値段が他の本と比べて高額で読み方にコツがいりますが、しっかり使い込めばコストパフォーマンスはかなり優秀な書籍です。

これから読む方にも、つまづいてしまった方ににもおすすめの現代広告の心理技術101の使い方と読み方のコツを3つ紹介します。

文章は一から考えるよりも、
すでにあるものをアレンジした方が早い

「売れる文章を書こう」と思ったときに、知識も全くないところから一から考えてもなかなか効果的な文章を書くことはできません

実は多くのマーケッターやアフィリエイターも実践しているのですが、すでにあるものをアレンジした方が断然早くて効果的です

現代広告の心理技術101にはすでに効果が実証されている事例が豊富に書かれているのでアレンジするにも最適です。

辞書みたいに必要な時に必要な箇所を読むだけでも効果的

現代広告の心理技術101を最初から最後まで通読するのは1回だけでいいです。

とりあえず、どんなことが書いてあるのかを把握したら、後は文章を書くときに必要に応じて必要な個所を読むだけでも記事を書くのに役立ちます。

「読んで、実践」を繰り返す

検索してみればわかることですが、現代広告の心理技術101は多くの人に紹介されています。

つまり「アフィリエイトをする」ということは、最低限これぐらいの知識は持っている人達と戦う必要があるという事です。

本から得た知識を一番早く自分のものにする方法は、インプットしたらすぐにアウトプットすることです。つまり、「読んで、実践」です。

これを繰り返すことで本の内容をどんどん自分のものにしていくことができます。

最初のうちは「読んで、実践」をしていても、書いた文章がしっくりこないこともあります。

トライアンドエラーを繰り返しながら、先輩アフィリエイター達に「追いつけ追い越せ」で戦う力を身につけましょう。

【返金保証】「上手に物を売りたい」と思ったら読む本|現代広告の心理技術101

現代広告の心理技術101を通して得るもの

「楽をして稼ぐ」というと怪しい感じがしますが、本当に稼いでいる人は人がモノを購入する仕組みを理解して利用しているので、私たちほど苦労せずに稼げています。

何を利用しているかというと、人間の心理の基礎的な部分=生存欲求です。

生存欲求は、人が生存するために必要なものなので太古の昔からあまり変わっていません。

なので、昔から広告業界で使われてきた「人に物を買わせるテクニック」を身に着けることは、生涯を通じてアフィリエイトに限らずに活躍の幅を広げることもできる可能性に満ちた行動と言えます。

 

「絶対に私は物を売らない!なんでもかんでもタダであげるわ!!」という人には必要のない本です。

しかし、商品やサービスの対価としてお金を頂くというのが経済活動の基本である以上、自分の商品やサービス、アフィリエイトの場合は自分が紹介する商品を選んでいただくことができなければ、お金をもらうことはできません。

だからこそ、自分の商品を選んでもらうためにも「人の心のどのスイッチを押せば欲しくなってしまうのか」そのテクニックを知りたくありませんか?

【返金保証】「上手に物を売りたい」と思ったら読む本|現代広告の心理技術101

現代広告の心理技術101を購入する方法

現代広告の心理技術101は、書店では販売していません。

専門書ではよくある話なのですが、出版社に直接申し込むことによって購入することができます。

最近ではAMAZONでも購入することができるのですが・・・

アマゾンで購入すると定価より高い

なぜか定価より高く販売されていますのでお勧めしません。

しかも、出版社から直接購入すれば「90日間の返金保証」がありますし、送料無料です。なので、万が一気に入らなかったら、返品することもできますので、「立ち読みできない!」というリスクは最小限に抑えられます。

下のボタンをクリックすると、公式ページにアクセスすることができますので、目次と詳細をご確認の上、購入してください。

『現代広告の心理技術101』公式ページへ

▼▼▼現代広告の心理技術101▼▼▼gendaikoukoku_hyoushi

まとめ

現代広告の心理技術101を読むことによって、楽にモノを売るための「タネや仕掛け」の使い方を知ることができます。

101個すべてを利用しなければいけないわけではなく、101個の中から自分が実践しやすいものを選んで取り組むだけでも効果を得ることができます。

成果をあげる=利益を得るためには、「知識を得て、それを実践する」ことが必要です。

現代広告の心理技術101は多くのアフィリエイターが紹介している書籍ですが、「多くの人が紹介している=実践者も多い」という事です。

「実践者が多いから飽和する」というチープな手法の話ではないので、読んでいなければ、逆に出遅れてしまうという事になりかねません。

先述しましたが、現代広告の心理技術101は書店では販売されていません。

出版社からの通信販売限定です。「今すぐ読みたい」と思っても、すぐに読むことはできません。届くまでに1日から2日程度は時間がかかりますし、気に入らなければ返金保証もありますので、さっそく注文しましょう。

【返金保証】「上手に物を売りたい」と思ったら読む本|現代広告の心理技術101