レンタルサーバー

アフィリエイト初心者のためのレンタルサーバー選び入門

server

「ブログを使ってアフィリエイトを始めよう」と思ったら、初めにやることは無料ブログで情報発信をする習慣を身に着けることです。

習慣が身に付いたら、次はレンタルサーバーと独自ドメインを用意して、自分だけのオリジナルブログを構築することを始めます。
もちろん、無料ブログのままでアフィリエイトを続けることもできますが、“無料”であるが故のデメリットも存在します。

無料が故のデメリットがなにかわからなければ、こちらの記事を読んでください。

参考記事:初心者から一歩前へ!レンタルサーバーと独自ドメインで自分だけの本格ブログを作る

 

今回の記事では、「レンタルサーバーの選び方」をアフィリエイト初心者向けに解説していきます。

レンタルサーバーの選び方

レンタルサーバーを提供している業者は日本国内だけで100社以上あります。
その中にも、個人用の簡単な機能と少しの容量しか持たないものもあれば、企業やプロ向けの高機能で大容量なものまであるので、どれを選んだらいいのか悩んでしまいますので、アフィリエイト初心者がレンタルサーバーを選ぶための基準を8個紹介します。

1.料金プラン

当然ですが、料金によってレンタルサーバーの機能は異なります。
高額になればなるほど、大容量、高速、高機能なサーバーを借りることができますが、低額になれば、ある程度抑えられたプランになります。
しかし、ブログを始めたばかりの初心者にそこまで大容量、高速、高機能なサーバーが必要でしょうか?

高すぎるとハードルが高い

アフィリエイトをビジネスとして捉えられていれば、そこで使用するレンタルサーバー代にもある程度の投資が必要であることは理解できると思います。
しかし、最初から大きな金額を書けるのは、心理的にも財布的にもハードルが高いです。
それに、まだ利益が出ていない始めたばかりのビジネスに高額な投資をしてしまうと、長く続かなくなってしまいます。
最初の投資はなるべく小さくし、利益が出てから、その利益の何%かを追加で投資するようにしたいですね。
最初は小さくスタートして、徐々に大きくしていくことを意識しましょう。

個人向けか企業向けか

冒頭でも触れた通り、レンタルサーバーには個人向けのものから企業向けのものまで様々です。
当然ですが、初心者に企業向けの高額なプランは必要ありません。

「個人向けのサーバーだと、ブログのページ数やアクセスが増えてきたときに大丈夫なの?」という心配もありますが、最初は個人向けのプランからスタートしても、途中から上位プランに変更したり、他の業者のレンタルサーバーに引っ越しをしたりすることもできますので安心してください。

初期費用

アパートを借りるときに敷金・礼金や家賃数か月分を収める必要があるように、レンタルサーバーを借りるにも初期費用が必要です。
これも、業者によって大きく異なるので、チェックしておきたいポイントです。

2.WordPressが使えるか

ここまで「レンタルサーバーを借りよう」という話をしてきましたが、レンタルサーバーを借りたところで、どうやってブログを作るんだろう?という疑問があると思います。
その疑問の答えになるのが「WordPress」というソフトです。

WordPressってなに?

WordPress(ワードプレス)というのは、ブログを作るためのソフトのことです。

WordPressをサーバーにインストールすることによって簡単にブログを作ることができます。

そして、サーバーの契約さえしてしまえば、WordPress自体はほとんど無料で使用することができます。

ブログのレイアウトやデザインに関しては、「テーマ」の中かから好きなものを選ぶことができますし、メールや表を使ったレイアウト、目次の作成、セキュリティなどは、「プラグイン」を使うことでいろいろな機能を追加できるようになっています。

「テーマ」や「プラグイン」は無料のものを選んで使えばお金は掛かりませんが、もっと高機能なものを使いたければ、有料のものを買う事もできます。

色々なことができるWordPressですが、基本的なことだけなら練習しなくてもぶっつけ本番で作り始められるレベルです。

基本的なパソコン操作さえできればさほど苦労することはないと思います。

ほとんどのアフィリエイターがWordPressを使う前提で話をしている理由

ブログアフィリエイトやサイトアフィリエイトをおススメするアフィリエイターは、WordPressを使うことを前提に話を進めていますが、アフィリエイトをする上でWordPressは必須なのか?と言われれば、必ずしも必須ではありません。

ブログはともかくホームページ(webサイト)を作るだけならHTMLとCSSを記述できればいいので、Windowsパソコンに標準装備されている「メモ帳」とブログにデータを送るためのFTPソフト(これも無料でダウンロードできる)があればできます。

ただし、HTMLやCSSを記述するための知識が必要です。

WordPressを使うのにHTMLやCSSの知識は必要ないといえば言い過ぎですが、必要が出てきたときに調べるぐらいで十分です。

無料で、しかもほぼ知識不要でブログを作るためのソフトが使える。

それが、WordPressです。

多くのアフィリエイターが勧めるのには訳があるってことです。

【結論】WordPressを使えたほうが断然楽!

簡単インストール機能が付いたレンタルサーバーなら、インストール作業に手間取ることもなく、契約したらすぐにブログを作り始めることができます。

3.無料SSLが使えるか

これはアフィリエイトに限った話ではありませんが、サイトやブログのURLが以前の「http://~」から「https://~」に変わっていることに気づいていますか?

「https://~」になっているサイトやブログは「SSL化」されているという事です。

「SSL化」ってなに?

「SSL」というのはインターネット上のサーバーと読者がインターネットを閲覧するために使っているブラウザとの間で行われる通信を暗号化させる仕組みのことです。

インターネット上で頻繁に送受信される氏名、住所、メールアドレスなどの個人情報や、ショッピングの決済に必要なクレジットカード情報、ログインに必要なIDやパスワードは常に悪い人から狙われています。

SSLは、これらの情報を盗聴されるのを防いだり、送信される情報の改ざんを防いだりしてくれます。

「自分のブログは個人情報なんて収集しないし、大丈夫でしょ?」

なんて思うかもしれませんが、今やSSL化は必須になっています。

SSLを使った方がSEO的に有利!っていう話じゃない

一昔前までは「SSL化した方がSEO的に有利」という話がありました。

しかし、今ではSSL化していないサイトを表示しようとすると、警告が表示されるようになりました。

警告を見た読者はどう思うでしょうか?

個人情報の取り扱いの有無に関わらず不安になりますね。

つまり、SSL化していないというだけで読者との信頼関係を損ねてしまう可能性が出てきます。

そういった経緯もあって、ほとんどのサイトやブログがSSL化されています。

もちろん、SSL化しているサイトとしていないサイトのどちらが上位表示されるかと言えば、SSL化されているサイトの方が上位表示される可能性が高いです。

つまり、SSL化していないという事は、ハンディキャップを背負ってアフィリエイトをしているのに等しいです。

私が調べた範囲では、無料SSL化に対応していないレンタルサーバーはありませんでしたが、もし対応していないレンタルサーバーがあったとしたら、たとえどんなに安くても使う価値はありません。

4.「http/2」に対応している

「http」というのは、webサーバーとブラウザとの間で行われる通信手段のことです。
今、主流になっているのは「http/2」というものです。

以前のhttpのバージョンでは、ブラウザからwebサーバーに複数の要求をしても、1つずつしか返ってこなかったため、サイトを表示するのに時間がかかりました。
「http/2」では、同時にいくつものやり取りができるようになったので、サイトの表示にかかる時間が短縮されています。

「http/2」も多くのレンタルサーバーで対応されています。

対応していないレンタルサーバーは使う価値なしです。

5.webサーバーはnginxかLiteSpeedの2択

webサーバーというのは、インターネット上でブラウザとサーバーとの通信をやり取りをすることができるソフトウェア(ミドルウェア)のことです。
httpで決められた約束事を使ってブラウザにサーバーに保存されたデータを渡しています。

現在、日本のレンタルサーバーで使われているwebサーバーは主に3種類。

・Apache(アパッチ)
・nginx(エンジンエックス)
・LiteSpeed(ライトスピード)

上から順に古くなっています。

Apacheの上位互換がLiteSpeedという認識でいいと思います。

WordPressを使うなら、
LiteSpeed>nginx>>>Apache です。

選ぶなら、LiteSpeedかnginxの2択です。

LiteSpeedは今のシェアはそれほど多くありませんが、今後大きく広がっていくことが予想されています。

今現在はApacheを使っているレンタルサーバーも将来的にはLiteSpeedに切り替えるという事がわかっているなら選んでもいいと思います。

6.データを保存するストレージは?

HDDとSSDはデータを保存する媒体です。

SSDは高いけど処理が速い。HDDは安いけど処理速度が普通。

どちらを選ぶかは予算次第です。

データの容量ですが、画像を多用しないブログであれば、100記事書いても1GBも要りません。

しかし、定期的にバックアップを保存したりしているとすぐに10GBぐらいは行ってしまうので、50GBぐらいあると安心です(いらないバックアップデータをこまめに削除することも大切です)。

7.複数のブログを運営できるか

1つの契約でいくつのブログを運営できるかは、使用できるドメインの数とデータベース数を見ると確認できます。

基本的には1つのドメインとデータベースで、1つのWordPressが設置できます。

ドメインは必ず1つのWordPressに必要ですが、1つのデータベースの中に複数のWordPressを設置することもできなくはないです。
(ですが、バックアップからの復元や将来的にサーバーを引っ越しする際の手間を考えるとおススメできません。)

レンタルサーバーによっては1つの契約で1つのWordPressしか設置できないところもありますので、自分がいくつブログを作りたいかを考えて選んでください。

全くの初心者から初めて、初期からいくつもブログを作りたくなるか・・・というとそんなことはないと思いますが、ちょっと心変わりがあって最初に選んだテーマとは別のブログを作りたいことも出てきますので、10個ぐらいつくれれば御の字です。

8.管理画面の使い勝手の良さ

WordPressのインストールをしたり、メールアドレスを作ったりするのに使う管理画面。

一度WordPressをインストールしてしまえばそれほど使う機会はありませんが、何かトラブルが起こった時にはにらめっこする相手になります。

こればっかりは相性もありますので、実際に使ってみるしかありません。

不安がある人は無料期間があるレンタルサーバーを選び、確認しましょう。

8.サポート体制がしっかりしている

初心者ほど思わぬトラブルにうろたえるものです。
昭和生まれはメールより電話の方が早いですね(私だけ?)。

電話サポートは業者によってあるなしが分かれますが、初心者ほど電話サポートがある方が安心です。

電話慣れしている世代でも意外に便利なのはチャット(LINEみたいなの)で対応してくれるところです。
電話だと突然の専門用語がわからなくてうろたえてしまうという人もチャットなら調べる時間もあるし、メールより早く解決することができます。

メールは24時間以内、もしくは1営業日以内に返信があるところを選びましょう。

なんにせよ、トラブルは長引かせたくないのでサポートは大切です。

アフィリエイト初心者におすすめのレンタルサーバー3選

以上のポイントを考慮しながら、いくつかのレンタルサーバーを比較しました。

月額で1,000円以上払えば高機能なサーバーをレンタルすることもできますが、
「一からブログを作るのにそこまで高機能、高速、大容量はいらなくね?」という事で、月額500円前後を目安に3つピックアップしました。

あくまでも、まだ利益の出ていない初心者におすすめするプランですので、ブログの成長具合に合わせて他のプランやほかの業者に引っ越しする必要があることをご承知おきください。

「引っ越しとか面倒臭いから最初から良いので行くぜ!」という方向けのハイスペックなサーバー比較については、別記事にまとめる予定です。

さくらのレンタルサーバー

sakura internet

このブログでも使用しているレンタルサーバーです。
これからブログを始めるならさくらのレンタルサーバーの「スタンダード」プランがおすすめです。

月額524円(税込)+初期費用1,048円でレンタルサーバーをスタートできます。
年間契約だと約2か月分の月額費用がお得になります。

初心者にうれしいのは1か月ごとで支払いができるという点。
「儲けが出ていないうちからそんなに投資はできません。」という人には特に大事かと思います。

もちろん、1年間は続ける気持ちをもってアフィリエイトをやってほしいと思いますし、支払いを忘れて契約を止められるリスクがあるからまとめて払った方が断然いいです。

ストレージはHDD(100GB)、マルチドメインは100個、データベース設置可能数は20と少し控え目ですが、最初のうちはこれだけあれば十分。
http/2対応、WEBサーバーはnginxと押さえるところは押さえた構成です。

サポートは電話にもメールにも対応しています。

詳細はこちらをクリック(公式サイト):さくらのレンタルサーバ

JETBOY

JETBOY

WordPressが設置できて、他人におすすめできるレンタルサーバーの中で最安値なのが、JETBOYの「ミニSSD」プラン。
初期費用1,100円+月額418円(年額だと3,828円)でストレージはSSD(5GB)、webサーバーはLiteSpeedとこれだけのスペックを見るとさくらのレンタルサーバーを速さでは圧倒しています。
しかし、容量が5GBと少なく、画像を多用するのであれば物足りない感じがします。
それでもWordPressのプラグインでバックアップを取らなければ100記事ぐらいのブログはつくれます。

一つ上の「ファーストSSD」プランなら月額759円で20GBの容量を使うことができます。

それ以上のプランになると他の業者の方がコスパがいいのですが、「ミニSSD」プランでスタートして途中から「ファーストSSD」にグレードアップするぐらいまではJETBOYにお世話になるのも一考の余地ありです。

尚、JETBOYは自動バックアップが無料ですが、1日分しかバックアップが残りません。
つまり、「データが壊れた」→翌々日に復元ということができないのでご注意ください。

詳細はこちらをクリック(公式サイト):【JETBOYレンタルサーバー】

カゴヤ WordPress専用サーバー

kagoya

「1サイト1契約」という他とは違うスタイルのレンタルサーバー。

1つの契約で1つのブログしか作れませんが、最初からWordPressがインストールされているので、わかりやすさとスタートのスピードを重視したい人にはお勧めです。

2つ目のブログを作ろうとすると、途端に割高感が出てしまうのが難点です。

詳細はこちらをクリック(公式サイト):カゴヤ・ジャパン

ABOUT ME
なべやん
30代も半ばにして、勤めていた専門学校の校長と大ゲンカした上に退職。 そして、無職。 再就職しようにも年齢的に難しく、 派遣の仕事でなんとかやり過ごすのが限界。。。 金銭的な不安、将来的な不安に押しつぶされそうな日々を過ごしていました。 マジで金がなさ過ぎて、食事は1斤80円(特売)の食パン。 飛んでいるカラスをみながら「あれ、食えるんじゃねぇか?」と本気で考えたりもしました。 (実際に食べる地域もあるみたいですね) こんな日々はもう限界。 なんとか人生を好転させる方法はないか。 あれやこれやと模索していく中で、 私は人生を好転させるためのスキルに出会うことができました。